大切な方へのお中元、御贈答に島原素麺をどうぞ!
HOME 》組合案内
島原そうめんの歴史・特徴
 今から600年ほど前にさかのぼり、中国福建省より船に乗り、長崎へやって来た36人の中国人の中に手延素麺の技術を持った人がおり、その麺師により製法が広く島原半島一帯に伝えられたと言われています。
島原半島には有家、西有家両町を中心に約四百の手延べ素麺業者があります。島原手延素麺は主原料の小麦粉が中・強力粉であるため、作りたてでもコシが強いのが特徴です。
組合の沿革
 当組合は、昭和46年、有家町内の手延素麺製造業者数名で任意組合を設立し、組合員の相互親睦と技術の向上を図って来ましたが、昭和56年、中小企業等協同組合法に基づく法人化を図り、名称を「島原南部手延素麺協同組合」とし現在に至ります。
組合では独自ブランド「萬歳の糸」、「子守うどん」の製造を組合員へ生産委託し、製品納入後検査を経て、協同組合出資会社である有限会社長崎麺房を通じて、全国へ販売しています。
近年は、新商品の開発にも力を注ぎ、平成17年には、組合で開発した「島原手延こんにゃくそうめん」が、長崎県特産品新作展で奨励賞を長崎県知事より受賞しました。 
組合の概要
名 称 島原南部手延素麺協同組合
代表者 代表理事  末永 勘一郎
所在地 〒859-2206
長崎県南島原市有家町中須川305番地2
TEL:0957-82-4312 FAX:0957-82-1169
設立年月日 昭和56年11月10日
出資金 7,200,000円
組合員数 8名
事業年度 9月1日〜8月31日
組合等の事業
  1. 組合員の取り扱う手延素麺の共同販売
  2. 組合員の取り扱う手延素麺の製造に必要な原材料及び副資材の共同購買
  3. 組合員の取り扱う手延素麺の共同検査
  4. 金融事業
  5. 教育情報提供事業
  6. 福利厚生事業
組 織
アクセス

地図をクリックで組合周辺地図をご覧いただけます。
島原南部手延素麺協同組合

長崎県南島原市有家町中須川305-2
TEL:0957-82-4312 FAX:0957-82-1169

Copyright (C) 2006 Shimabarananbu Tenobesoumen Kyodokumiai All Rights Reserved.